【油断大敵】地震の情報は予測サイトで確認しよう

様々な手法で研究中です

グラフ

発生前と発生後の2通り

日本で地震が多発している事について不安は感じていませんか。もともと日本列島の地下には無数の活断層がはしっており、まさに地震の巣といっても過言ではありません。このような地にて暮らしているからこそ、地震に関する情報は命を守る上で重要なものとなります。地震に関する情報には事前に発生を予測するものと、発生後に出されるものに分類されます。発生後の情報には、規模を示すマグニチュードや震源、余震活動に関する情報などが主な情報です。また、揺れを瞬時にキャッチして揺れに対する警報を与える緊急地震速報も、これに当たるでしょう。発生前の情報は、どこでどの位の地震が起こるのかを、事前予測する事が主なものとなります。事前予測に関しては、国家主導で研究調査を実施しているケースや大学、個人学者などが様々な手法を用いて行っています。しかし、地震の予測は難しいことから、的中率や確度などはあいまいなものとなっており、どの情報の信頼性が高いのかを見極めるのが大切です。国家主導の場合は、国の調査機関によって定期的にメディアなどを通じて国民に情報発信が行われ、防災体策などに活用されています。大学の研究グループや個人学者などの地震予測を一般人が知りたい場合は、インターネット検索してみると良いでしょう。ネットでは相当数の地震予測に関する情報が発信されていますので、評判の良い予測情報を探し出して注目してみると、いざという時に役立ちます。