【油断大敵】地震の情報は予測サイトで確認しよう

すべての人に安全を

近年注目されている地震予測の情報提供サービスは、準備を確実にすることから生存確率のアップにつなげられます。また、スタッフ・客といったように、立場が異なっても全員の安全が守られます。被害には種類がありますが、予測情報の活用で的確な対策が立てやすくなるのです。

震災の予知を役立てるには

地震に備えるタイミングとして最適なのは、地震の兆候が見られない時期だとされています。避難経路を確認し、いつ起こっても問題ないように準備しましょう。また地震アプリからも情報を得られるので、それをチェックするのもおすすめです。

様々な手法で研究中です

地震を発生予測して知ることが出来れば画期的な減災方法となりますが、現状ではそれが可能かは未知数です。このため、様々な情報がある中でも冷静に信頼度が高いものを複数選択し、広い視野を持って情報取得する事が望ましいでしょう。

油断は禁物

地割れ

得た知見に一喜一憂するな

地震は突然私たちの生活を破壊します。もし、地震の発生を事前に予測し、その情報を被災する恐れのある地域にいる人たちに知らせることができたら、それほど良いことはありません。しかし、実際にはそれは難しいことです。特に直前に今日明日のスパンで予測することは不可能です。大きな地震が発生して、初めて直近の現象とその地震の関係を疑う程度なのです。ですが、将来ある地域では大きな地震が起こる可能性があるという情報はすでに予測されて公表しています。それらは、活断層の存在が明らかになっているケースとプレート境界型地震の発生周期が迫っていることやそれらの活動によって、どの地域でどれくらいの揺れ(震度)になるのかを予測しています。国内の今後30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる確率は基本的に太平洋側が多くなっています。ですが、この情報は気を付けなければいけません。ほかの地域も非常に高いのです。外国には歴史上ほとんど地震を経験したことのない国も沢山あります。それと比べれば、日本はどこにいても大地震に遭遇する恐れがあるのです。ですから、このような情報を得た時には、一喜一憂せず、地震に備えて、物資の備蓄や住宅の耐震補強、自宅や職場周辺の安全な避難ルートの確認をしましょう。地震は油断する者には容赦ないものです。万全の体制を整えても自然はそれを凌駕するものです。自然の猛威に対しては謙虚になって、備えを油断なくすることが肝要です。